2020 WRESTL-1活動休止後試合数 第19位 渡辺壮馬 4試合

2020 WRESTL-1活動休止後試合数

第19位 渡辺壮馬 4試合

 

元マスクマンのペガソ・イルミナル。伊藤貴則と同率19位。8月にマスクを脱いで渡辺壮馬としてGLEATへの所属を発表。10月にGLEAT Ver.0にて久々の試合を行う。以降配信マッチを3試合行う。

2020 WRESTL-1活動休止後試合数 第18位 河野真幸 9試合

2020 WRESTL-1活動休止後試合数

第18位 河野真幸 9試合

 

ほぼ自身の自主興行であるVAMOSTARでのみ活動。

2020 WRESTL-1活動休止後試合数 第17位 藤村加偉 10試合

2020 WRESTL-1活動休止後試合数

第17位 藤村加偉 10試合

 

WRESTL-1活動休止後はコロナ禍もあり実家に帰っていたようだが、8月より
VAMOSTARで活動再開。月に1、2度の参戦が続いたが、年末よりNOAHに継続参戦。NOAHの新人に混じって戦っている。

同期の仁木琢郎は早々に2AW所属となり、少し出遅れていた藤村加偉はメジャーの一角であるNOAHに継続参戦。運命の歯車が二人にどのような未来を紡ぎだすのか楽しみである。

2020 WRESTL-1活動休止後試合数 第16位 太嘉文 12試合

2020 WRESTL-1活動休止後試合数

第16位 太嘉文 12試合

 

7月、ZERO1の第17回天下一ジュニアトーナメントに出場、再スタートをきった。8月にはZERO1に入団し、リングネームをタナカ岩石から太嘉文に変更した。10月には火祭り2020に出場し初戦で世界ヘビー級王者だった田村ハヤトに勝利するも2戦目で負傷し欠場。2020年中の復帰はならなかった。

2020 WRESTL-1活動休止後試合数 第15位 稲葉大樹 15試合

2020 WRESTL-1活動休止後試合数

第15位 稲葉大樹 15試合

 

NOAHの配信番組 "NEW HOPE"にて参戦表明し、7月よりNOAHに上がり始める。継続的に参戦しているが、試合間隔の空くことも多く、今だ本領発揮とはいかない。NOAH以外のリングには上がっていない。